借地権では、相続におけるトラブルも多くあります。たとえば、夫が妻へ借地権の相続を考えている場合では、借地権を持った被相続人(夫)が亡くなった時に、残された相続人(妻)が借地上の建物および借地権を相続することができます。地主のなかには、被相続人が亡くなったことを期に「土地を返してほしい」といってくる人もいますが、この場合ではそれに応じる必要はありません。また、地主側の承諾も特にいりません。基本的に地主に対しては、土地の貸借権、あるいは地上権を相続により取得したという旨を通知すればよいだけです

しかし、このように相続人へ借地を普通に相続する場合と違い、遺贈による相続の場合は、地主の承諾と譲渡承諾料が必要になります。地主から承諾が得られなかった場合は、裁判所への申し立てを行うことができます。もし、申し立てが却下されたのであれば、承諾を得られなかったとして借地権の遺贈は無しということになります。遺贈が承諾された場合に支払う譲渡承諾料の相場は、借地権価格の10%程だといわれています。いずれにしても、借地権の相続に関して困ったことがあれば、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士事務所の中には、借地権を巡るトラブルを専門に扱うところがあります。地主側と借地権者側の双方で泥沼の揉め事になる前に、借地権に詳しい法律のプロに相談してみるのも解決につながる一歩になるはずです。